2D作図モデリングBIM

BricsCAD® V24: BricsCAD® BIM の新機能は?

By The Bricsys Team 1 分 2023年11月16日
BricsCAD BIM V24 Whats New (2).png

BricsCAD® BIM V24では、必要なツールを提供したいと考えました。 ユーザーの多くは、プロジェクトの少なくとも40%から50%でデザイナーから2D図面を受け取っているため、視覚化、調整、計画、数量回収のために、2D図面を3DおよびBIMモデルに変換する必要があります。この変換は、必要に応じて使いやすく、使いやすく、インテリジェントなBricsCAD BIM V24のツールを使用すると、より簡単になります。

いつものように、ユーザーの声に耳を傾けるため、このリリースには、エクスペリエンスをさらに向上させるように設計されたツールと機能が含まれています。 BricsCAD BIMは、BIM用に調整されたCADソフトウェアです。 V24は、設計者、エンジニア、ゼネコンが必要不可欠な
ワークフローを加速するお手伝いをします

BricsCAD BIM V24の新機能は、3つの重要なワークフローを念頭に置いて構築されました。 ユーザーから寄せられたワークフローの上位3つは次のとおりです。

  1. 2D から3D BIMへの移行
  2. コラボレーションのためのデータ交換
  3. BIMにすばやく簡単にスキャン

BricsCAD® V24で2Dから3D BIMへ

BricsCAD BIM V24 の自動壁作成

BricsCAD BIM V24は、よりアクセスしやすいだけでなく、より親しみやすくなっています。 2D レイアウトから壁を作成する必要がある場合は、マテリアル ライブラリから線分をトレースし、パラメータを定義することができます。また、2D レイアウトまたは点群データから作業するときに、正しい厚さの壁を自動的に生成することもできます。 内壁も同様に簡単に作成でき、構図を選択し、2Dレイアウトを使用して壁をトレースします。 BricsCADは、これらの壁の厚さも自動的に検出します。 その後、BricsCAD BIMのインテリジェントツールを使用して、正式なフロアレイアウトが完成したら、壁を接続または拡張できます。

このリリースの新機能と強化されたツールにより、2D BIMから3D BIMへの移行を短時間で、より短い学習曲線で行うことができます。 [スラブ]ツールを使用すると、境界を床スラブに変換できます。 使用したい壁をオフセットや等高線と共に選択するだけで
BricsCADにお任せです境界検出は、2D レイアウトの列などの非正方形オブジェクトを識別し、自動的に配置します。

BricsCAD<sup>®</sup> BIM V24 のクイックドロー

クイックドロー ツールを使用すると、レイアウトを他のストーリにコピーでき、単純な屋根の形状にアクセスできるようになり、基本的な屋根の形状を作成できるようになりました。

コラボレーションのためのデータ交換

BricsCAD BIM の IFC から Revit エクスポート

多くのユーザーが、BIMの調整とコラボレーションのためにオープンBIMを採用したいと考えています。 しかし クローズなプラットフォームが多く使用されているため
データロスを引き起こす可能性があり 共同作業はまだ困難ですそのため、BricsCAD BIMは、IFC分類とRVTを含むすべてのBIM形式とのデータ交換のためのより優れたツールを使用して、データ交換をさらに改善し、複雑にすることなくコラボレーションできるようにしました。

*ノート: この新しいRevit® エクスポートはビジュアライゼーション用であり
Revit® 内の編集用ではないことにご注意ください

BricsCAD でIFC BIMプロパティ

BricsCAD BIM V24は、IFCの品質と柔軟性を確保するためのツールを追加して、IFCの相互運用性を強化しました。 IFC参照ビューでは、Revit®で使用するアンダーレイの参照としてジオメトリを書き出すことができるようになったため、より多くのプログラムで簡略化されたモデルを読み取ることができるようになり、統合されたIFC名前空間により、使用するIFCのバージョンを気にせずにIFC BIMプロパティを指定できるようになりました。 ファイルをエクスポートすると、BricsCADがマッピングを処理します。

V24には新しいIFC検証ツールも含まれており、ファイルにある可能性のある問題を追跡しながら受信したデータをインポートでき、IFCプロパティのスマート可視性ルールにより、IFC4スキーマに基づいてオブジェクトをより簡単かつ迅速に分類および検証できます。

BricsCAD® BIM V24でBIMにすばやく簡単にスキャン

BricsCAD BIM で Scan to BIM

改築や改修の評価、品質や竣工時のドキュメンテーションのために
建物をスキャンすることはますます一般的になってきていますBIM への自動変換機能に新機能を追加しました

点群分類 でScan to BIM

BricsCAD BIM V24では、点群のナビゲートがより簡単かつ迅速になりました。 点群の特定のセクションを分離することができましたが、BricsCAD BIMで点群データを直接分類できるようになりました。 点群マネージャを使用して、さまざまな分類のオン/オフを切り替え、必要なデータのみをビジュアライゼーションに残します。

ジオメトリス でScan to BIM

Scan to BIM への検出ツールが改善され、点群から部屋を検出して分類できるようになりました。BricsCAD BIMは部屋を識別して点群マネージャパネルに表示し、必要に応じていつでも部屋をマージまたは名前変更できます。 点群が分類されると、BricsCADのスマートジオメトリツールを使用して、数回クリックするだけで点群からジオメトリに移動できます。

BricsCAD BIM V24には他にもたくさんの新機能があります、ブレイクアウトセッションでは、これらの新機能を詳しくご紹介します。

BricsCAD® についてもっと知りたいですか?

BricsCAD V24で他に何ができるか知りたい場合は、 YouTubeチャンネル をチェックするか、 Bricsysブログ の残りの部分を覗いて詳細を確認してください。

BricsCAD® の 3D を使用してみてアイデアや提案がありますか?

ファンタスティック!BricsCAD® の感想をぜひお聞かせください。- 良いも悪いも関係なく、すべてのフィードバックを歓迎します。BricsCADに関するご意見をお聞かせいただくには、サポートリクエスト をお送りいただくのが一番です。

今日から BricsCAD® を始めよう

BricsCADを購入するか、今すぐ30日間の無料トライアルをダウンロードして、 BricsCAD を使用して図面完成を時短する方法を見つけてください。

2023年11月9日 1 分

BricsCAD® Pro V24: 土木/測量ツールキット

BricsCAD® Pro V24は、土木技師や測量士向けの土木および測量ツールの完全なスイートを提供します。このリリースでは、GIS ワークフローのラウンドトリップ、強化された TIN サーフェス ユーザー インターフェイス、等高線データからの TIN サーフェスの作成、新しい透過表示コマンドなどが期待できます。

2023年11月2日 2 分

BricsCAD® V24: LiteとProの新機能

BricsCAD® V24へようこそ - ワークフローを合理化し、納品までの時間を短縮するために設計された、強力で効率的で使いやすいCADソフトウェアです。BricsCAD® V24は、以前のバージョンのBricsCAD®よりも高速で効率的であり、ユーザーフレンドリーでもあるため、新規および経験豊富なCADユーザーの両方に最適なツールです。このリリースには、BricsCAD® Lite および BricsCAD® Pro の機能と拡張機能が含まれており、日常のワークフローを自動化および最適化します。V24 の BricsCAD® Lite と BricsCAD® Pro の新機能を詳しく見ていきましょう!

2023年10月19日 1 分

あなたにぴったりの BricsCAD® はどれですか?

BricsCAD® を検討されている方は、次のようにお考えではないでしょうか?- どのBricsCADが自分に合っているのか?BricsCADには5つのエディションがあり、ニーズに最適なBricsCADを選択できます。 2D、3D、または両方で作業している場合でも、あなたに合った BricsCAD があります。BricsCAD® Lite、BricsCAD® Pro、BricsCAD® BIM、BricsCAD® Mechanical、BricsCAD® Ultimateから選択します。 さまざまなBricsCAD製品レベルを見てみましょう!

ソーシャルメディアでフォローする