2D作図モデリング

BricsCAD® V24: LiteとProの新機能

By The Bricsys Team 2 分 2023年11月2日
BricsCAD V24 whats new lite and pro (5).png

BricsCAD® V24へようこそ - ワークフローを合理化し、納品までの時間を短縮するために設計された、強力で効率的で使いやすいCADソフトウェアです。BricsCAD® V24は、以前のバージョンのBricsCAD®よりも高速で効率的であり、ユーザーフレンドリーでもあるため、新規および経験豊富なCADユーザーの両方に最適なツールです。このリリースには、BricsCAD® Lite および BricsCAD® Pro の機能と拡張機能が含まれており、日常のワークフローを自動化および最適化します。V24 の BricsCAD® Lite と BricsCAD® Pro の新機能を詳しく見ていきましょう!

BricsCAD Pro V24 のランチャー

最新のユーザーエクスペリエンス

BricsCAD V24の最新のUI / UXにより、最初からBricsCADの学習、使用、採用が容易になります。最新のユーザーエクスペリエンスと直感的なインターフェイスにより、必要なときに必要なツールにこれまで以上に簡単にアクセスできます。新しいスタート ページ、強化されたリボン、刷新されたヒント パネルにより、探している機能を見つけやすくなりました。製品内ガイダンスにより、BricsCAD のツールの使い方を簡単に学習でき、クアッドカーソルとマニピュレーターにより、エンティティの操作が容易になります。

新しいスタートページ

BricsCAD V24 のスタートパネル

BricsCAD V24の新しいスタートページでは、テンプレートビューからテンプレートを簡単に選択したり、最近開いた図面のリストから選択したりできます - 最近使用したファイルをスタートページに固定して、進行中のプロジェクトにすばやくアクセスすることもできます。

製品チュートリアル

ステップバイステップの製品内ガイダンスにより、BricsCAD V24の新しい独自のツールと機能を簡単に採用できます。 スタートページから実践的なチュートリアルにアクセスできます - バナーをクリックし、ガイドに記入し、必要なチュートリアルを選択します - それはとても簡単です!

改良されたヒントパネル

私たちはみなさまがヒントパネルを愛好していると聞いたので
それを刷新しさらに包括的に改良しましたヒントパネルを開くと、BricsCAD V24のすべての新機能、独自のツールなどに関する製品内ガイダンスが表示されます。

拡張リボン

BricsCAD V24 の新しいリボン

AIユーザーアシスト、ユーザーデータ、ユーザーフィードバックのガイダンスにより、リボンを再設計し、アイコンの間隔をより便利に、改善されたモダンでシンプルな外観にしました。 探しているものを見つけるのにまだサポートが必要な場合は、検索バーに入力すると、正しい場所に移動します。作図環境は常に制御できるため、モダンレイアウトをオフにして従来のBricsCADエクスペリエンスに戻す場合は、インターフェイス設定ドロップダウンメニューでクラシックレイアウトを選択できます。

新しいクイック電卓

BricsCAD V24 の新しいクイック電卓

私たちは常にユーザーの声に耳を傾けており、多くのユーザーが簡単な計算機を要求したため、BricsCAD V24に電卓を含めました。クイック電卓を使用して、BricsCAD内で直接すばやく正確な計算を行うことができます。

BricsCAD® V24レイアウトマネージャー

レイアウトマネージャは、[レイアウトマネージャ]タブから直接レイアウトの追加、削除、および名前変更を支援します。BricsCADのすべての出力機能を使用して選択したレイアウトを公開できるため、これらのツールにワンクリックですばやくアクセスできます。

BricsCAD® V24のクワッドカーソル

BricsCAD のクワッドカーソル

BricsCAD Quadカーソルは、コマンドを入力したり、リボンやツールバーを使用したりすることなく、必要なときに必要なコマンドにワンクリックでアクセスできる別のBricsCADツールであり、BricsCAD V24用に改善されました。クワッドカーソルは状況依存であるため、カーソルを合わせたエンティティに応じて、それらのエンティティで使用できるコマンドがクワッドに表示されます。

拡張マニピュレータ

BricsCAD のマニピュレータ

マニピュレータを使用すると図形選択してコマンド入力せずに
移動、コピー、回転、鏡像をすることができます[最短距離]コマンドは、任意の 2 つの図形間の移動を適用するためのオーバーライドとして、入力された寸法を受け入れます。

ブロック作成が簡単に

BricsCAD V24 のブロック化

ブロックは、図面で繰り返しジオメトリを表す最も効果的かつ効率的な方法であるため、ブロック ジオメトリの一貫性を保つために、BLOCKIFY[ブロック化]コマンドをさらに強化しました。 BLOCKIFY を使用すると、図面内の類似したジオメトリとジオメトリを一致させ、その繰り返しジオメトリを表すブロックを簡単に作成できます。 BLOCKIFYを使用すると、図面ファイルのサイズも小さくなり、BricsCADやその他のCADプラットフォームで図面を読み込んで作業しやすくなります。

BricsCAD® V24で2Dから3Dへ簡単に

BricsCAD V24 で2Dから3Dへ

2Dから3Dへの作業を簡単に行えるようにしました。2Dの知識を使用して、BricsCADで3Dに移行できます。独自のダイレクトモデリングにより面と境界を選択し図形を押したり引いたりするだけです2Dでスケッチし、それを使用して3Dジオメトリを作成でき、BricsCADの単一環境では2Dと3Dの両方で同時に作業できるため、スケッチ、押し出し、および新しいジオメトリの作成は簡単です。

ブロック置換

BricsCADのブロック置換ワークフローでは、2Dブロックを対応する3Dブロックと交換できます。3D パーツが既にモデリングされ、ライブラリに保存されている場合、[ブロック置換]を使用すると、2D から 3D への移行をより速く、より正確に行うことができます。

BricsCAD® V24でのダイナミックブロックの操作

BricsCAD のダイナミックブロック

BricsCADでダイナミックブロックを使用できます。ただ、定義を編集することはできないためブロック変換を作成しました。V24では、ブロック変換を強化して他のCAD製品からダイナミックブロックを受け入れ、すぐに BricsCAD のパラメトリックブロックに変換して、BricsCADのブロックエディター内で編集できるようにしました。ブロック エディタでは、表示状態を変更したり、使用可能なすべてのパラメトリック アクションを切り替えたり、必要なアクションを追加および削除したりできます。

図面の健康診断

BricsCAD<sup>®</sup> V24 を使用した図面の健康管理

図面健全性管理ワークフローに OVERKILL コマンドが追加され、重複したジオメトリを選択して簡略化したり、異なる名前の重複ブロック定義を選択したりできるようになりました。OVERKILL を使用すると制御が維持され、これらの挿入状況を1つのコマンドですばやく修正できます。[図面の状態]ツールは自動ではなく自動化されているため、変更内容を引き続き制御できます。図面診断ツールを実行すると、現在の図面に加えたすべての変更を示すレポートが生成されます。

作図ビュー

BricsCAD V24 の図面ビュー

VIEWBASE コマンドを使って 3Dジオメトリから
標準的な図面ビューを素早く作成しますプロパティパネルでの各ビューの表示方法を完全に制御できます。2Dから3Dへの移行が簡単であるだけでなく、3Dモデルからモデルとの関連付けを維持した2D図面にすばやく移行できるため、モデルが変更されると図面も更新されます。また、断面図や円形または長方形の詳細を簡単に作成することもできます。V24では、BricsCADで生成された図面ビューのパフォーマンスが向上したため、精度を維持しながら、モデルから必要な図面をより迅速に取得できます。

BricsCAD® V24でマルチ引出線図形を使用してパーツリストを追加する

マルチ引出線エンティティを使用して、図面内のすべての個々のパーツとピースを指すことができます。マルチ引出線を選択し、BricsCADのプロパティパネルから表示を変更できます。MLEADERALIGN[マルチ引出線位置合わせ]コマンドを使用すると、図面内のマルチ引出線を一瞬で整列させることができます。

ExcelからBricsCAD®へのデータのインポート

BricsCAD V24 のスマートセル

Microsoft Excel® からテーブルから定期的にデータをインポートしていることが通知されたため、SmartCell のコピーと編集を追加することで、インポートが簡単になりました。 既存のスプレッドシートをインポートし、表を作成し、行を追加または削除したり、行と列の間でデータをコピーしたりして簡単に編集できるようになり、ドキュメントの配信がはるかに簡単かつ迅速になりました。

より身近なCAD

BricsCAD V24 の注釈モニター

他のCADアプリケーションと一貫性のあるCADエクスペリエンスを提供してほしいというご要望があり、BricsCAD V24でこれを実現しました。BricsCAD V24のトリムと延長コマンドは自動的に図形をハイライトし結果がどうなるかを表示します。ジオメトリの変更が完了したら、新しい QDIM[クイック寸法記入]コマンドを使用できます。QDIM を使用すると、図面に長さ寸法をすばやく配置でき、要件に合わせて寸法を簡単に修正できます。自動調整寸法を支援するために、システム変数 ANNOMON もBricsCAD V24に追加しました。ANNOMON は、それらを定義するジオメトリとの接続を失った連想寸法を示す小さなグリフを追加します。その後、必要に応じてジオメトリまたは寸法を修正できます。

改良されたシート セット マネージャ

BricsCAD でPDFのブックマーク

シート セット マネージャを改良し、DST ファイルへのマルチユーザ アクセスを追加しました。新しいモデル ビュー タブでは、任意の図面からモデル ビューを抽出し、レイアウトに簡単に貼り付けることができます。 [シート セット マネージャ]では、シート セットから直接パブリッシュできるため、PDF をすばやく作成でき、それらの PDF にブックマークを作成して、PDF ファイル内の個々のシートに簡単にハイパーリンクを作成できるようになりました。

標準ラスター ファイル出力

BricsCAD V24 のラスターファイル出力

ユーザーからは、サイズとDPIを完全に制御して標準のラスターファイルタイプを出力する機能を求める多くのリクエストが寄せられました。そのため、BricsCAD V24では、ドキュメントのニーズを満たすためにラスターファイル出力を生成できるようになりました。この機能は、印刷ダイアログとパブリッシュダイアログで直接使用できます。

BricsCAD V24は、ワークフローを合理化し、成果物までの時間を短縮し、2Dから3Dへの移行を簡単かつ直感的にするために必要なCADツールです。強化された機能により、BricsCAD V24は、より効率的で、反復的なタスクに費やす時間を減らし、創造的な作業により多くの時間を費やすように設計されています。このリリースでは、他では見られない革新的なツールを備えた図面ベースのCADシステムに期待するすべてのものを提供します。

今日から BricsCAD® を始めよう!

BricsCAD® V24を購入するか、今すぐ30日間の無料トライアルをダウンロードして、 BricsCAD® を使用して図面完成を時短する方法を見つけてください。

BricsCAD® V24 の 3D を使用してみてアイデアや提案がありますか?

素晴らしい!BricsCAD® の感想をぜひお聞かせください。– 良し悪しに関係なく、すべてのフィードバックを歓迎します。BricsCAD® に関するご意見をお聞かせいただくには、サポートリクエスト をお送りいただくのが一番です。

BricsCAD® V24 についてもっと知りたいですか?

BricsCAD V24で他に何ができるのか気になる方は、YouTubeチャンネルでBricsCADの機能やコマンドを確認したり、Bricsys blog.の他の記事を覗いてみてください。

2023年10月26日 1 分

BricsCAD® Pro V24 の新機能

BricsCAD® V24へようこそ妥協のないプロフェッショナルなCADです。 このリリースには新機能とアップデートが満載されており、BricsCADの学習、使用、採用が容易になっています。 新しいBricsCAD V24でこれを見てみましょう

2023年5月15日 7 分

Artificial Intelligence in BricsCAD® Lite & Pro – What's the Point? Checking drawing health

In the previous blog post, we explained how automation and artificial intelligence are baked into key processes in BricsCAD® BIM to speed up your building design workflows. At Bricsys, we apply similar techniques across our BricsCAD® product portfolio, so we take the same approach with our flagship products BricsCAD® Lite and BricsCAD® Pro.

ソーシャルメディアでフォローする