Studio Moutonは、ベルギーのゲントにある建設エンジニアリング事務所です。同事務所は、小規模な構造物から大規模な構造物(ザハ・ハディドの最後の国際プロジェクトの一つである壮大なアントワープポートハウス)などを手がけています。

プロジェクトのほとんどのコンポーネントには標準 CAD ツールを使用していますが、ジオメトリが複雑になる部分には、より特殊なツールが必要となります。Mouton の業務には、非常に複雑な構造要素を計算でき、BIMデータを使用し、汎用DWGファイル形式に対応するソフトウェアが必要です。Moutonではプロジェクトの決定が「非常に迅速に」を行われます。BricsCADを使用することで、迅速な変更をシームレスに行うことができます。

Moutonの建設エンジニア、ピエト・ルリウール氏は語ります。 「BricsCADは私たちに適応とカスタマイズの余地を提供するオープンシステムです。これにより、プロジェクトに応じて、あらゆるGhent, Belgium状況に適応することができます。BricsCADは、あらゆるCADソフトウェアと互換性があるDWGフォーマットで動作します。」 BricsysはMoutonにとって重要なパートナーとなっています。

スムーズな移行
Moutonチームは最近、BricsCADにスイッチしました。ルリウール氏のチームは、1年近くかけて幾つかのソフトウェアパッケージを試した後にBricsCAD BIMに切り替えることにしました。他のCADプラットフォームでは目的を達成できないことがわかり、ルリウール氏のチームは 「BricsCADに移行することにしました。3Dへのアプローチの方法が私たちのニーズに他のCADよりもはるかに合っているからです。」

BricsCADに切り替える以前、Moutonでは異なるアプローチを使用し、プロジェクトごとに2Dと3Dの作図要素を組み合わていました。BricsCADに切り替えて以来、チームにとって最大の変化は、3Dモデルがすべての2D図面のベースになったことです。

ルリウール氏はこう説明しす。 「BricsCADにはより古典的な3Dモデリングアプローチがあり、非常に使いやすくなっています。BricsCADで作業を始めて以来、私たちはすべてを3Dで設計しています。基本的に、作業者はチュートリアルを見れば、モデリングを開始することができます。最も重要なことは、非常にシンプルに聞こえかもしれませんが(実際にはそうではない)、私たちのBricsysソフトウェアは期待どおりに動作する、ということです。」

「当社では情報を一元化する必要があることも、BricsCADを選択した理由です。決定は迅速に行われる必要があり、十分な根拠に基づき行う必要があります。さらに、ライセンスを所有することで、短期および長期コストの完全な概要を把握したいと考えています。」

  • 業界: 建築、建設エンジニアリング
  • 企業/会社名: Studio Mouton
  • 本社: ベルギー

Studio Mouton

Bricsysについて

Hexagon傘下のBricsysは、コンピュータ支援設計製品のBricsCAD® ファミリとBricsys 24 / 7プロジェクトコラボレーションプラットフォームを作成するグローバルテクノロジー企業です。

    blog-facebook-iconblog-twitter-iconblog-instagram-iconblog-youtube-iconblog-linkedin-icon

© 2022 Bricsys NV. All rights reserved.

Part of hexagon