2Dのヒント 3Dのヒント Mechanical BIM のヒント

BricsCAD® で知らなかった、でも知っておくべき10の設定

By Rose Barfield 2 分 2023年2月27日
blog 10 settings in BricsCAD.png

1. 検索のフィルタリング

BricsCADのフィルター設定

[設定] ダイアログで検索語に一致する設定のみを表示できることをご存知ですか?これにより、設定を探しているが、それを見つける場所や名前が正確にわからない場合に、時間を大幅に節約できます。

これにアクセスするには:

  1. 設定ダイアログを開きます。(SETTINGS)
  2. 左上隅にある[アルファベット]オプション(2番目のアイコン)をクリックします。
  3. 検索語を入力すると、[設定] ダイアログには検索語に関連する設定のみが表示されます。

2. ツールの削除

DELETETOOL

差(SUBTRACT)コマンド中に使用しているすべてのエンティティを保持します。デフォルトでは、BricsCAD は減算に使用されたエンティティをすべて削除しますが、DELETETOOLシステム変数を使用するとそれらを保持できます。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、DELETETOOLシステム変数のチェックを外す – オフにする。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. 通常どおり、SUBTRACT コマンドを使用します。
  4. 2番目に販売されたエンティティから差し引くために使用されるエンティティは、図面に残ります。

3. UCSORTHO

UCSORTHO

現在のビューポートのビューと一致するように作図平面を自動的に切り替えます。デフォルトでは、BricsCAD®はXY平面上に描画しますが、UCSORTHOシステム変数をオンにすることで、ビューに一致するように描画平面を変更することができます。

これは、ビューが LookFrom ウィジェット(モデル空間の右上にある円)または VIEW[ビュー管理]コマンドで設定されている場合にのみ機能します。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数 UCSORTHO をチェック – オンにする。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. 必要に応じて正投影ビューを設定します。VIEW コマンドまたは LookFrom ウィジェットのいずれかを使用します。
  4. 作図を開始します。
  5. 必要に応じて、手順2および3を繰り返します。

4. ORBITAUTOTARGET

ORBITAUTOTARGET

画面に表示されているエンティティの周り、または選択したエンティティの周りを回転します。デフォルトでは、BricsCADは最初にクリックしたポイントを中心に回転します。この振舞いを変更するには、システム変数 ORBITAUTOTARGET を使用します。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、ORBITAUTOTARGET システム変数のチェック – オンにする。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. (オプション)エンティティまたはエンティティのセットを選択します。
  4. Shift キーを押しながらマウスのホイール(中)ボタンをクリックしたまま、カーソルを移動します。
  5. エンティティが選択されていない場合、ビューは現在表示されているエンティティを中心に回転します。
  6. エンティティが選択されている場合、ビューは選択したエンティティを中心に回転します。

5. マニピュレーター

BricsCADのマニピュレータ

エンティティを選択するたびに表示されるようにマニピュレータを設定します。既定では、マニピュレータは、少なくとも 1 つのエンティティを選択し、マウスの左ボタンを長時間押し続けると表示されます。この動作を変更するには、システム変数 MANIPULATOR を使用します。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数 MANIPULATOR を 1 に変更します。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. エンティティまたはエンティティのセットを選択します。
  4. マニピュレータが表示されます。

6. APERTURE

感度

BricsCADでのスナップの感度を微調整します。この設定は、感度が高すぎてBricsCADがあらゆるものにスナップしている場合、または画面が非常に大きく、マウスの動きを減らしたい場合に非常に役立ちます。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数 APERTURE を変更します – デフォルトは 10 です。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. 通常どおり描画を開始し、感度がどのように機能するかを確認します。希望どおりに機能させるには、数回の試行が必要になる場合があります。
  4. (オプション) スナップ領域を視覚化する場合は、システム変数である[図形スナップの吸着ボックス]をオンにします。- システム変数 APBOX。

7. HIGHLIGHTEFFECT

ハイライト効果

選択したエンティティが BricsCAD に表示される方法を変更します。既定では、選択した 2D エンティティは点描の「点線」として表示されます。しかし、HIGHLIGHTEFFECT システム変数を使用すると、この動作を異なる色、厚み、またはその両方に変更することが可能です!

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数 HIGHLIGHTEFFECT を 1 に変更します。
  2. (オプション)ハイライトの色を変更する – システム変数 HIGHLIGHTCOLOR を使用します。
  3. 設定ダイアログを終了します。
  4. 2D図形の上にマウスを移動します。

8. 新しいリボンを使用(USENEWRIBBON)

V23 には、新しいベータ リボン (ツールとコマンドを表示するワークスペースの上部の領域) があります。USENEWRIBBON 変数を使用してアクセスできます。これはV24のデフォルトになりますので、テストしてご意見をお聞かせください。

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数 UCSORTHO をチェック – オンにする。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. BricsCADを再起動します。
  4. リボンをテストし、 サポート リクエストでご意見をお聞かせください。

9. CMDLNTEXT

CMDLNTEXT

ワークスペースを放置している同僚にイタズラしたい?次に、これがあなたのためのシステム変数です!デフォルトでは、BricsCADのコマンドラインにはシンプルな「:」が表示されますが、CMDLNTEXTシステム変数を使用すると、これを好きなように変更できます...

使い方:

  1. [設定]ダイアログで、システム変数CMDLNTEXTを変更します – 内容はあなた次第です。
  2. 設定ダイアログを終了します。
  3. これで、テキストがコマンドラインに表示されます。

10. カスタム設定を確認します

リストア

このすべての楽しみの後、あなたはあなたが何を変更したかについて少し混乱したか、単に以前の状態に戻りたいかもしれません。幸い、[設定]ダイアログには、カスタマイズされたすべての設定を確認できるセクションがあります。

これにアクセスするには:

  1. 設定ダイアログを開きます。(SETTINGS)
  2. 左上隅にある[アルファベット]オプションをクリックします。– 3つ目のアイコン
  3. カスタマイズされたすべての設定が表示されます。

設定に戻すには:

  1. 設定ダイアログを開きます。(SETTINGS)
  2. 設定を右クリックします。
  3. デフォルト値に戻すを選択します。

BricsCADのヒントとコツをもっと知りたいですか?

V23の他の新機能を知りたい方は、BricsCAD の機能やコマンドをご紹介している YouTube チャンネルや、Bricsysブログを覗いてみてください。

2024年2月19日 3 分

Dealing with the Concrete 'Crisis': Leveraging Point Cloud in CAD for Surface Deviation Analysis

In the wake of a concrete 'crisis' affecting existing buildings, such as many schools in the UK constructed with Reinforced Autoclaved Aerated Concrete (RAAC), the need for precise assessment and remediation strategies has never been more critical. Integrated into CAD software, point cloud technology becomes valuable for addressing surface deviation concerns in RAAC structures.

ソーシャルメディアでフォローする