BricsCAD | 経営者にコストダウンで選ばれ、技術者に互換+高機能で選ばれる、世界45万本販売の互換CAD

BricsCADの無料体験版ダウンロードはこちら

*30日間の無料トライアル、クレジットカードは必要ありません。

経営者/CTOに選ばれる理由

  • AutoCADからの攻めのコストダウン
  • 必要な機能だけを適切な支払い形態で
  • 世界で45万本の販売実績&サポート実績

技術者/現場責任者に選ばれる理由

  • DWGファイル対応&コマンド再現
  • AutoCADプラスアルファの高機能群
  • 3D&BIMもワンプラットホームで

経営者/CTOに選ばれる理由.1
AutoCADからの攻めのコストダウン

年間¥44,000のコストで
世界品質の設計・製図環境を。

BricsCADは、すべての製図者、エンジニア、建築家、測量士、設計者が、より多くのことをより低いトータルコストで実現できるようにします。AutoCAD® からBricsCADへのアップグレードはわずか1時間で、1日もかからずに生産性を高められます。

製造・設計業界のグローバル企業が多数導入

導入イメージを見る

BricsCADからのAutoCADへのコスト比較イメージ

比較イメージ
導入イメージを見る

経営者/CTOに選ばれる理由.2
必要な機能だけを、最適な支払い形態で

機能イメージ

永久ライセンス、年間サブスク、
規模と用途に応じたプラン選択

AutoCADからの2D環境移行、3D機能の付与、BIM向けのパック、製造業向けのパック、全機能完備のアルティメットプランなど、事業内容に合わせたプラン選択を最適な支払い形態でご提供いたします。

製品プランを見る

経営者/CTOに選ばれる理由.3
世界45万本の販売実績&サポート実績

機能イメージ

BricsCADは互換CADメーカーの
中で45万ユーザーの実績を持つ企業です

BricsysはBricsCADの開発を2002年に開始しました。今日では、世界中に我々のオフィスがあります。また、80カ国以上でパートナー企業と提携し、1,200人以上の登録アプリケーション開発者を擁しています。

企業情報を見る

製品プラン

永久ライセンス、年間サブスク、
規模と用途に応じたプラン選択

BricsCAD Lite 48,400円~
BricsCAD Pro 79,200円~
BricsCAD BIM 169,500円~
BricsCAD Mechanical 162,800円~
BricsCAD Ultimate 187,000円~
  • ※ 永久ライセンスをご購入いただくと、購入したバージョンを永続的に使用いただけます。
  • ※ BricsCAD Maintenanceにご加入いただくと、すべてのリリースを最新の状態に保つことができます。
  • ※ ネットワークライセンスの料金にはBricsCAD Maintenanceが含まれています。

お客様の用途に合わせて1つのソフトを拡張可能です

BricsCADの拡張イメージ

目的のおすすめプラン

  Lite Pro BIM Mechanical Ultimate
2D図面の作成がしたい
3Dデータも扱いたい・他ソフトの3Dデータを読み込みたい* 2D 2D/3D 2D/3D 2D/3D 2D/3D
3Dモデリングをしたい  
3Dでアセンブリ設計をしたい    
BIMデータが作成したい      
3Dで機械設計がしたい      
将来を見据えて機械設計もBIMデータ作成も1つのソフトで行いたい        

3Dデータの取り込みにはPro以上のグレードと、オプション製品のCommunicatorが必要になります

技術者/現場責任者に選ばれる理由.1
DWGファイル対応&AutoCADコマンド再現

BricsCADへの移行は僅か5分
最高の互換性を短時間で

BricsCADはDWGファイルを直接開いて保存するため、AutoCADからシームレスな移行が可能です。またファイルだけでなく、AutoCADのコマンド、スクリプトなどの環境設定ファイルを読み込むことで、BricsCADへの移行が完了します。

AutoCADとの互換機能の詳細はこちら

互換性能を見る
互換イメージ
互換性能を見る

技術者/現場責任者に選ばれる理由.2
AutoCADプラスアルファの高機能群

機能イメージ

代替ソフトではなく、進化ソフト
としてのBricsCAD

BricsCAD® は単なるAutoCAD® の代替品ではありません。人工知能と機械学習アルゴリズムを組み込んだ、急速な進化を続けるCADソフトウェアであり、ワークフローを改善します。

進化機能を見る

技術者/現場責任者に選ばれる理由.3
3D&BIMもワンプラットホームで

3D機能イメージ

将来の3D化のことも考えられる
BricsCAD

過去に作成した2Dの設計データから3Dデータを起こしたり、ハイエンド3D CADのデータを読み込み、.dwgで処理して簡単に2D化するなど2D-3Dをシームレスに運用することが可能です。

3D&BIM機能を見る

導入事例

BricsCADは製造・設計業界の
グローバル企業が多数導入しています

  • MAZDA
    自動車
    image

    マツダにおいて、
    2Dと3Dの連携を実現

    BricsCADは、2Dから3D設計ワークフローへのスムーズな移行を可能にすることにより、マツダのグローバルな車両生産施設の拡張を支援しています

  • MAZDA
    建設
    image

    STRABAG SEでは
    建設の全工程で使用

    オーストリアの大手建築・エンジニアリング企業であるSTRABAG SE社は、信頼できるCADソフトウェアとしてBricsCADを選択しました。

  • MAZDA
    プラント設計
    image

    日鉄テックスエンジ
    BricsCADで設計を推進

    日鉄テックスエンジは、2D、3D、BIMの間でBricsCADが完璧にインタラクティブであることを大変気に入っています。

  • image

    Studio Moutonの3D設計
    ワークフロー移行を実現

    建設エンジニアリング

  • image

    タカミヤグループ、
    BricsCADで価値を構築

    足場

  • image

    Stageco Netherlands、
    BricsCADで世界をロック

    舞台製作および構造工学

  • image

    BricsCADBIMにCADWorx
    を組み合わせて利用

    製薬・化学

  • image

    AstoShipyardはBricsCAD
    で正確な設計を実現

    造船

  • image

    IQTAはBricsCADで究極の
    優位性を獲得

    プロジェクト開発

導入企業一例

互換性能

AutoCAD® からBricsCADへの
アップグレードはわずか5分

DWG互換イメージ

DWG形式のファイルに完全互換

BricsCADは国際CAD団体”ODA”創立メンバーの開発ソフトです

BricsCADはDWGファイルを直接開いて保存し、AutoCAD® との互換性を最大にします。Bricsysは、AutoCAD® DWG互換の第2ソースとして承認されたOpen Design Alliance(ODA)の創立メンバーであるため、互換性の問題やシステム間のデータの損失について心配する必要はありません。DWGファイルは、現在のCADシステムで開き、BricsCADで作業して保存し、変換なしで他のCADシステムで開くことができます。

ODA(Open Design Alliance)

.dwg形式に対して最高レベルの互換性を提供することを目的に立ち上げられたコンソーシアムで、BricsysはODAの創設メンバーです。
何百ものODAメンバー企業が.dwgファイルに対応した何千ものアプリケーション製品を開発しています。


コマンド・マクロ互換イメージ

コマンド・マクロも完全互換

AutoCAD® ユーザであれば簡単に扱えるようになれます

BricsCADは、AutoCAD® 2021との完全なコマンド、スクリプト、マクロ、メニューの互換性を備えています。BricsCADに移動しても、現在のメニュー、スクリプト、LISPルーチンは変更せずに直接実行されます。
BricsCAD® を採用するために、標準のプリンタ、テンプレート、ブロック、シートセットを変更する必要はありません。- BricsCADに導入して、すぐに使いこなせるようになります。これらのツールは、通常と同じように使用できます。


自動転送イメージ

構成とカスタマイズの自動転送

CUI,XTP,LSP/ARX,DST,DWT,PC3などの拡張ファイルに対応

BricsCADでは、すべての標準設定とカスタムアプリ(CTB/STBファイル、レイヤー状態、テンプレート、ユーティリティなど)が引き続き動作します。BricsCADをサーバー上の場所を指すか、ローカルマシン上の適切なBricsCADフォルダにコピーするだけです。


拡張機能

代替ソフトではなく、
進化ソフトとしてのBricsCAD

ジオメトリ変換

繰り返しジオメトリをブロック定義に変換

BLOCKIFY(ブロック化)は自動的にブロック定義を作成し、図面全体で一致するエンティティのセットをすべてブロック参照に置き換えます。BLOCKIFY(ブロック化)を使って繰り返しのあるジオメトリを見つけ、ブロック参照に変換することで、DWGファイルのサイズを最大90%削減することができます。

BricsCADのパラメトリック3Dモデリング

ダイレクトおよびパラメトリック3Dモデリング

BricsCADは、ダイレクトモデリングとパラメトリックモデリングのハイブリッド3Dアプローチを提供します。使い慣れたダイレクトモデリングツールを使用して3Dソリッドを作成できますが、それだけではなく3D拘束とパラメータをモデルに適用して、設計意図をコントロールし、両方の機能を最大限に活用できます。「パラメトリック化」では、クリックするだけで、完全に拘束されたパラメトリック3Dモデルが自動的に作成されます。

BricsCADのクワッド

クワッド:カーソル付近の作図、編集、情報

BricsCAD独自のクワッドは「ヘッドアップ」コマンドパレットで、コマンドの使用状況を予測し、次に必要なコマンドにワンクリックでアクセスできます。機械学習を搭載したQuadは、BricsCADのユニークな使用方法に基づいて、必要なコマンドを予測します。

パラメトリックブロック

パラメトリックブロック:2Dまたは3Dブロックを作成するためのダイナミックアプローチ

パラメトリックブロックは、ユーザが類似した別々のブロック定義をその都度作成する代わりに、1つのブロックを作成することで、繰り返し作業を自動化します。使い慣れたツールとワークフローのセットを使用して、2Dと3Dの両方のブロック定義を作成できます。

コピー図形

コピー図形を自動的に位置合わせ

COPYGUIDED(コピーガイド)は、自動的に生成されたガイド曲線を使用して、コピー図形を関連するジオメトリに自動的に整列させます。ガイド曲線として使用する図形を明示的に選択することも、BricsCADが選択した図面要素に基づいて決定することもできます。

図面生成

図面生成

3Dモデルの自動調整直交投影ビューと標準アイソメビューを自動的に生成し、ビューのレイアウトとスタイルを完全にコントロールできます。それから、BricsCADでパワフルな詳細ツールを使ってデザインを文書化しましょう。

最短距離

最短距離

任意の2つの図形間の距離を表示し、新しい距離値を入力するだけで2番目の図形を移動します。これは、コマンドを開始しなくても発生します。さらに、図面内の要素をダブルクリックすると、WCSのX軸、Y軸、Z軸に沿って位置合わせされた最も近い距離が表示されます。

点群の可視化

点群の可視化

BricsCADは、点群表示の強化によりデータ表現のパフォーマンスを高速化し、点群ソースファイルに対して半分のディスク領域を使用します。.ptxの点群。.pt,.lasと.rcpのフォーマットは、私たちの.vrmに前処理されます。プロジェクトのファイル形式は、あなたのマシン上でバックグラウンドで行われます。キャッシュ処理中も作業を続けることができるので、生産性の低下はありません。

図面生成

図面生成

BricsCADプラットフォームの土木設計機能は、基本的でありながら強力な設計ツール群と、専門アプリ開発者が顧客のために価値の高いワークフローを作成するためのデータ接続性を備えており、土木工学の強固な基盤を提供します。

マルチスレッド、マルチプロセッサ

マルチスレッド、マルチプロセッサ操作のサポート

CADデータベースへのアクセスは一般的にシリアルプロセスですが、BricsCADはマルチコアCPUを活用して図面の読み込みを高速化し、詳細表示の作成やレンダリングを高速化しています。私たちは、今日のハードウェアプラットフォームを活用するために、常にコードを見直し、リファクタリングを行う一方で、最先端のハードウェアの優れたパフォーマンスを確保するために、無駄を省き、高速化を図っています。

3D&BIM機能

将来の3D化のことも考えられるBricsCAD

パワフルな変分法による3Dモデリング

3Dモデリング

制約のないダイレクトモデリングとパラメトリックデザインの長所を組み合わせた独自の3Dデザイン手法マウスを動かすだけでソリッドやサーフェスのジオメトリをインタラクティブに操作できるダイナミック・ダイレクト・モデリングにより、デザインの初期段階で自由に創造性を発揮することができます。デザインの進化に合わせて、より多くの寸法制御を追加したり、デザインを完全にパラメータ化したりすることが、履歴ベースのアプローチによる複雑さを伴わずに、自動的にできます。

スタッフ

「BricsCADでは2D作図と3Dモデリングの両方を行えるということです。BricsCADは間違いなく、当社の事業拡大に重要な役割を果たすモデリングソフトウェア製品の1つとなるでしょう」

株式会社タカミヤ 営業本部 技術部
BIM推進課長の浜田和樹氏

BricsCADのBIMのビジョン

BIM

BIMの新たな可能性

BricsCAD BIMでは 最初に設計が決定され AIアルゴリズムによってBIMデータや詳細レベルの操作など 手のかかるタスクを自動化します

デザインからBIMへ

柔軟でダイレクトなモデリングツールと、プロフェッショナルなCAD製品を同じDWGプラットフォームで実現しています。設計形状を直接BIM要素に変換することができます。

CADからBIMへの最も簡単な移行

CADユーザーは、設計環境からBricsCAD BIMにシームレスに移行することができます。ソフトウェア トレーニングへの費用負担が少なく 移行時のパフォーマンス低下を回避できるため参入への壁が非常に低くなります

BIMからファブリケーション

これはBricsCAD Ultimateプラットフォームと呼ばれる 継続的な詳細レベルの開発により設計 BIM 製造を単一のプロセスに組み込み 共有されたDWGプラットフォーム上に統合したワークフローです

会社情報

BricsCADは互換CADメーカーの中で
45万ユーザーの実績を持つ企業です

グローバル展開マップ

世界各地に展開

BricsysはBricsCADの開発を2002年に開始しました。今日では、世界中に我々のオフィスがあります。また、80カ国以上でパートナー企業と提携し、1,200人以上の登録アプリケーション開発者を擁しています。

マーカー

BricsCADは、Bricsys nv(. 以下、Bricsys)が開発したソフトウェアです。
Bricsysは2002年に、長年のCAD起業家であるErik de Keyserによって設立されました。
Bricsysは、ベルギーのゲントに本社を置き、ロシアのニジニ・ノヴゴロドとノヴォシビルスク、ルーマニア のブカレスト、シンガポールにも開発拠点を持っています。
BricsysはOpen Design Alliance の創設メンバーであり、2016年12月にBuildingSMART Internationalのコンソーシアムに参加しました。
2018年にはスウェーデン・ストックホルムに本社を置き、測定用ハードウェアおよびソフトウェアを開発・提供する多国籍企業 Hexagon AB傘下に入りました。
Bricsysは世界50カ国以上に拠点を持ち、測定機メーカーとしては世界最大手であるHexagonABの一員として世界各国での投資と販売網の強化を行っています。

グローバルイメージ

動作環境

BricsCAD 推奨動作環境

BricsCAD 最新バージョン スタンドアロン/ネットワーク版クライアントの動作環境です。

BricsCAD動作環境 (推奨) 3D 動作環境 (推奨)
OS Windows11(x64)
Windows10(x64)
Windows8.1(x64)
*2023年1月10日にマイクロソフトの延長サポートプログラムの終了となります。
Ubuntu V18.04以上
openSUSE builds(2018年4月以降)
Fedora builds(2018年4月以降)
macOS 10.15 (Catalina) 以上
左記OSの通り
CPU 最小CPU
Intel® Core™ i5
AMD Ryzen™ 5
2.5GHz以上
推奨CPU
Intel® Core™ i7
Intel® Core™ i9
AMD Ryzen™ 7
AMD Ryzen™ 9
3.0GHz以上
推奨メモリ 最小システムメモリ
8GB
推奨システムメモリ
16GB
32GB
HDD空き容量 最小ディスク容量
インストール時にBricsCAD® Ultimateで2GB
推奨ディスク容量
(必要に応じて)
ディスプレイ解像度 最小ディスプレイシステム
1920x1080トゥルーカラーディスプレイと1GB VRAMを搭載したグラフィックスカード
アップルのMacディスプレイ
推奨ディスプレイシステム
複数の3840x2160(4k)トゥルーカラーディスプレイ、PCIe® グラフィックスカード w/GPU、4GB VRAM搭載
Apple Mac Retina (4Kおよび5K) ディスプレイ

ネットワーク版 ライセンスサーバ動作環境

ネットワークライセンスのご利用には、Bricsysが推奨しているReprise SoftwareからBricsysネットワークライセンスサーバーを別途インストールする必要があります。
Reprise Softwareは、Macコンピュータ用のネットワークライセンスサーバーを提供していませんが、WindowsまたはLinuxネットワークライセンスサーバーをインストールして、Macクライアントコンピュータ上からネットワークライセンスをご利用することは可能です。
Reprise Softwareは、国内のパートナー企業による日本語サポートに対応していません。

BricsCAD 旧バージョン対応OS一覧

BricsCAD V20 Windows 10(32/64bit)
Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 7 (32/64bit)
Windows Server 2012 R2(ネットワークライセンス限定)
Windows Server 2012 Service Pack 2 以降(ネットワークライセンス限定)
BricsCAD V19 Windows 10(32/64bit)
Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 7 (32/64bit)
Windows Server 2012 R2(ネットワークライセンス限定)
Windows Server 2012 Service Pack 2 以降(ネットワークライセンス限定)
BricsCAD V16、V17、V18 Windows 10(32/64bit)
Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 7 (32/64bit)
BricsCAD V15 Windows 10 (32/64bit) ※V15.3以降で対応
Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 7 (32/64bit)
Windows Vista Service Pack2 以降
BricsCAD V14 Windows 8/8.1(32/64bit)
Windows 7 (32/64bit)
Windows Vista(32/64bit)