Show all news
Translate
Bricsys

Bricsys® is a global provider of dwg engineering design software brought to market under the BricsCAD® brand.

Contact us

Bricscad™ V10 Linux版リリース

Sep 6, 2010 BricscadLinuxV10

Gent Belgium、Merrimack NH USA、2010年9月6日 – Bricsys社は、初めて、Linuxユーザーのための.dwgベースのCADソフトをリリースしました。 Bricsys NV(Bricscadの開発メーカー)は、本日、Bricscad V10 Linux版のリリースを発表しました。

Bricscad V10は、LinuxOS上で利用可能な最初の.dwgベースのCADプラットホームです。 Bricscad V10(.dwgファイルフォーマットの互換CADリーダー)は、エンジニアリングコミュニティにCAD選択の自由を提案します。

Linuxコミュニティには、長らく標準のCADファイル形式を持つ .dwgベースのCADがありませんでした。 Bricscad V10 Linux版により、この問題は解決され、.dwgベースのCADを使用するがために Windows OSも使用せざるをえない不便さを回避できます。

Erik De Keyser氏(Bricsys社CEO)のコメント: “私共は、Bricscad V10 Linux版を我社のマイルストーンと考えています。 ネイティブなLinux版のCAD製品に対する懐疑的な見方はありますが、私共は、アプリケーションも含めて、大きなマーケットがあると確信しています。 Bricsys社はまさに、この変革のなかで主導的な役割を果たす会社です。 また、この製品を完成するために協力いただいた数多くの検証者の皆様に感謝申し上げます。”

Bricscad V10 Windows版は、その豊富なAPIセットについて高い評価を得ています。 今日、500以上のサードパーティーのアプリケーションベンダーが、Bricscad V10へアプリケーションを移植中で、155のアプリケーションは既にリリースされています。 Bricscad V10 Linux版の最初のリリースでは、LISP、DCL、DieselのAPIをサポートしています。 LISPベースアプリケーションのための暗号化ツールも利用可能で、ユーザーは、LISPルーチンを修正無しで動作させることが可能です。 Bricscad LISPエンジンは、最も高速な内の一つです。 アプリケーションデベロッパーからの要望があれば、Bricsys社は、Linuxプラットホーム上でのAPIの拡張に対応します。

Bricscadの当初のサポートとなる3種類のLinux: Fedora 12以上、OpenSuse 11.1以上、Ubuntu 9.10以上。 Bricscad V10 Linux 英語版は、 Bricsys社 eストアで購入可能です。 他の15言語版は、まもなくリリース予定です。

Bricsys社について

Bricsy社は、4大陸の70オフィスを通じてグローバルにエンジニアリングソフトを提供しています。 製品構成は、Bricscad と ドキュメント管理のクラウドアプリケーションです。

Bricscadは、強力な.dwg互換CADプラットホームで、GIS、AEC、メカニカル、土木エンジニアリング等の.dwgベースアプリケーションにマーケットの機会拡大を提供しています。 Bricsys社製品は、現在、16の言語版で利用でき、また、多くの言語版が開発中です。

Bricsys社は、製品の開発状況を毎月、顧客に報告しています。 顧客は、世界のどこにいても、いつでも、Bricsys社のサポートチームに直接質問することができます。

Bricsys社は、Open Design Allianceの創立メンバであり、エンジニアリング産業でのデータ資産の保護・活用に貢献しています。 Bricsys社に関する詳細は www.bricsys.com まで。